映画「浅草・筑波の喜久次郎~浅草六区を創った筑波人~」まとめ!

この記事は2分で読めます




「浅草・筑波の喜久次郎~浅草六区を創った筑波人~」は

明治から昭和の人々に夢や希望を与え続け

スターを輩出し続けた浅草六区。

その礎を築いた男達の物語です。

出演は、松平健さん、北島三郎さん、

長谷川純さん、田村亮さん

などが出演されています。


スポンサードリンク

「浅草・筑波の喜久次郎~浅草六区を創った筑波人~」あらすじ

10181
出典:http://www.scenarioclub.jp/

見世物小屋が並ぶ明治初期の浅草に

タイムスリップした今の若者の

目を通して描いた人間ドラマです。

筑波出身で浅草六区を

最高の娯楽街させた山田喜久次郎と

興行師・根岸浜吉らの真実を描いています。

 

山田喜久次郎の簡単なプロフィール

安政6年1月1日生まれ。

昭和3年4月2日死去。

享年70歳。

興行のほか実業界でも活躍し

常陸山の後援者としても知られ

桃中軒雲右衛門、沢田正二郎の

東京進出の支援もしました。

常陸(茨城県)出身です。

 

根岸浜吉の簡単なプロフィール

文政11年生まれ。

明治45年5月7日死去。

享年85歳。

常陸(茨城県)出身です。

東京、新富町で働いた後

明治20年

興行会社・根岸興行部を設立し

道化踊りや、歌舞伎、新派劇などの

演劇などに進出します。

山田喜久次郎とともに

大衆娯楽街としての浅草六区の

繁盛の礎を築きます。

 

浅草六区が生んだスターや歴史


スポンサードリンク

10182
出典:東京都立図書館

明治から昭和にかけて

興行街として繁栄しました。

明治36年、日本初の

活動写真常設館・電気館が開場し

数々の劇場、映画館が作られて

賑わい始め戦後

ストリップやコントなどが人気を集め

観光名所として明治23年に

開場した高層の凌雲閣(通称、十二階)

がありましたが

大正12年の関東大震災で

壊れてしまいました。

・榎本健一(エノケン)

・古川ロッパ

・浅香光代

・コント55号(萩本欽一、坂上二郎)

・ツービート(ビートたけし、ビートきよし)

などのスターが排出されました

 

筑波の喜久次郎~浅草六区を創った筑波人~」出演者コメント

松平健(山田喜久次郎)・・・

「北島さんとは、暴れん坊将軍で20年ご一緒させていただいていて、それ以来だったので、空気感というか一緒に芝居してきたのですぐ馴染めました。北島さんには、ずっとかわいがっていただいています。今もなお現役でがんばってらっしゃる姿は、いつ見ても僕の目標です。」

 

 長谷川純・・・

「北島さん、松平さんという大御所のお二人と共演できることがとても光栄で、一生で最初で最後じゃないかという思いで一生懸命頑張ります。」

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

「浅草・筑波の喜久次郎~浅草六区を創った筑波人~」は

12月3日に公開予定です。

是非劇場に足を運んでみては

いかがでしょうか?

ではまた。


スポンサードリンク

オススメ記事

映画「いきなり先生になったボクが彼女に恋をした」あらすじやキャスト、公開日は?

映画「聖の青春」あらすじや公開日は?出演者・監督の意気込みを紹介

映画「幸福のアリバイ」のあらすじやキャスト、見どころや公開日は?

映画「インターン」のあらすじや公開日、出演者のコメントを紹介!

映画「疾風ロンド」のあらすじや公開日、出演者、原作の感想を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

おすすめカテゴリー記事