映画『オケ老人』のあらすじや公開日は?原作を読んだ感想を紹介!

この記事は2分で読めます




「オケ老人」は小学館から

刊行された小説で

11月11日に

公開が予定されており

出演者は今回が

映画初主演の杏さんや

黒島結菜さん,笹野高史さんなど

若手注目株の方や演技力抜群の

ベテラン俳優が勢揃いしています。

監督は「ぱいかじ南海作戦」などで

知られる細川徹さんが務めています。


スポンサードリンク

「オケ老人」あらすじ

10041
出典:eiga.com

高校で教師をしている

小山千鶴(杏)は

地元の文化会館で開かれた

アマチュアのオーケストラの

演奏を聴き感動し入団を決意します。

千鶴は学生の頃から

バイオリンを演奏していました。

向かった先のオーケストラは

「梅ヶ丘交響楽団」は老人ばかりの

オーケストラでした。

千鶴が先日感動したオーケストラは

「梅ヶ丘交響楽団」ではなく

「梅ヶ丘フィルハーモニー」という

全く別のオーケストラでした。

「梅ヶ丘交響楽団」は

素人臭いオーケストラで

入団は勘違いだったということを

言い出そうとしますが

老人たちは千鶴の入団に大喜びで

千鶴はなかなか

言い出せないままでいました。

梅ヶ丘交響楽団に参加し

練習をしていると指揮者になるはめに…。

そんなときフランスから

世界最高峰と言われる指揮者

ロンバールが来日し

「梅ヶ丘フィルハーモニー」を指揮することになり…。

「オケ老人」原作を読まれた方の感想


スポンサードリンク

pa151026263510_tp_v

「勘違いで高齢者だらけのオーケストラに入団することになってからさまざまな事に巻き込まれますが、人として成長していく様子がおもしろいです。笑いあり、涙ありで楽しめます。読んで損はないと思いますし、荒木源さんの他の作品もぜひ読んでみたいと思いました。」

 

「タイトルで惹かれました。「梅ヶ丘交響楽団」に所属している老人は明彦(原作は小山千鶴ではなく30代半ばの男性の高校教師中島明彦)と出会うまでは、入賞なんて考えておらず、ただ演奏してただ余生を楽しむことのみでした。ですが、明彦と出会ってからは楽しみながら一致団結し入賞を目指す姿に、気が付いたら泣いていました。読み終わった後は、あるあるですが、楽器を演奏したくなりました。」

 

「奇想天外な物語で、オーケストラに興味ない方でも充分楽しめます。私は、今オーケストラに入っているのですが、もちろん楽器を演奏するのが好きな方たちばかりなのですが、「楽しんで演奏している」とは口が裂けても言えません。ですが、この作品に出てくる方たちは、楽しんで演奏している感じが文面だけなのに伝わってきます。なので、私もこれからは、同じオーケストラに入団している皆と楽しんで演奏していきたいです。」

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

「オケ老人」は

11月11日に公開予定です。

是非劇場に足を運んでみては

いかがでしょうか?

ではまた。


スポンサードリンク

オススメ記事

スクープ!福山雅治がパパラッチ主演映画SCOOPあらすじやキャスト

映画「ボクの妻と結婚してください」の公開日あらすじやキャストは?

衝撃漫画『ミュージアム』実写映画化キャストあらすじ公開日まとめ

映画「ぼくのおじさん」のあらすじや公開日は?キャストのコメントも紹介!

相棒!新作映画・ドラマの主要キャストの思いとは?主要人物紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

おすすめカテゴリー記事