衝撃漫画『ミュージアム』実写映画化キャストあらすじ公開日まとめ

この記事は2分で読めます




「ミュージアム」とは巴亮介さんが

「ヤングマガジン」にて

連載していたマンガで

「私刑」をテーマにしており

ネットでは

「連載当初は対して期待してなかったけど、ストーリーが進むにつれてサスペンス漫画の名作の一つになった。」

などといった絶賛の声が上がっています。

11月12日には実写版が

公開予定となっており

監督は「るろうに剣心シリーズ」で

知られる大友啓史さんで

主演は、小栗旬さん

尾野真千子さんなど

演技力にとても定評がある

豪華キャストが出演されてます。


スポンサードリンク

「ミュージアム」あらすじを紹介

10011
出典:twitter.com

容疑者が「裁判員連続殺人事件」

を起こすきっかけになったのは

劇中の10年以上前に起こった

殺人事件「幼女樹脂詰め殺人事件」です。

この事件で捕まった犯人は

前にも似たような事件で

捕まった事がある人でしたが

釈放されてからは反省して

マジメに働いていました。

なのにこれといった証拠もなく

ただ前科があるという理由で捕まり

裁判員裁判による裁判で有罪になり

刑務所の中で心中をしてしまいました。

本当の容疑者は

「自分の犯罪を他人がしたかのように片づけた、裁判員達を許さない。復讐してやる。」

といった動機で

主人公の沢村(小栗旬)が劇中

追い続ける事件「裁判員連続殺人事件」

が起こってしまいました。

この事件の容疑者は被害者を

ただ殺人をするだけではあきたらず

「OO刑」という刑と表して

様々な残虐な殺人を起こします。

最初に被害にあった女性は

「ドッグフードの刑」

次に被害にあった男性は

「母親の痛みを知りましょうの刑」

などと自分を正当化し刑を執行していきます。

捜査を進める沢村は驚愕の真実を知ります。

その真実とは自分の妻が「幼女樹脂詰め殺人」の裁判員裁判の裁判員の一人だということで…。

 

出演者の意気込み


スポンサードリンク

10012
出典:www.cinemacafe.net

小栗旬(沢村久志)・・・

「この映画は、見れば見るほどおもしろく個性的な内容で、大友監督のもとで、素晴らしいキャストの皆さんと撮影できたことをとても光栄に思います。」

 

尾野真千子(沢村遥)・・・

「精神的にとても辛い内容でしたが、同時に家族のありがたみや温かさを再確認できる映画です。見る人を選ぶ映画ですが是非、お子さんをお持ちのお母様に見ていただきたいです。」

 

野村周平(西野純一)・・・

「初めての大友組で、緊張しましたが今後プラスになることばかりを勉強させていただきました。」

最後に

いかがでしたでしょうか?

11月12日公開予定

「ミュージアム」ですがネットでは

原作のラストと映画のラストは

変わるのではないかと言われていて

この噂の発端は原作者の巴亮介さんが

あるサイトで

「超バッドエンディングにしたかったのですが、さすがに表現に規制が入ってしまいました。」

と言っています。

映画のラストは一体どんなエンディングなのでしょうか?

楽しみですね。

ではまた。


スポンサードリンク

オススメ記事

スクープ!福山雅治がパパラッチ主演映画SCOOPあらすじやキャスト

新シーズンが2017年春に放送決定!今のうちに振り返る「プリズンブレイク」 

映画「ぼくのおじさん」のあらすじや公開日は?キャストのコメントも紹介!

相棒!新作映画・ドラマの主要キャストの思いとは?主要人物紹介!

映画『オケ老人』のあらすじや公開日は?原作を読んだ感想を紹介!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

おすすめカテゴリー記事