映画「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK」の見どころと豆知識を紹介

この記事は2分で読めます




1962年10月発売

「ラヴ・ミー・ドゥ」で

デビューを果たし

63年1月発売の

「プリーズ・プリーズ・ミー」での

ヒットで英国で大人気になり

その後65年8月発売

「ヘルプ!」などの発売で

世界に名を轟かせました。

ですが70年4月に

ポール・マッカートニーの

口から解散が発表されました。


スポンサードリンク

「ザ・ビートルズ」の豆知識を紹介

9244
出典:www.microsoft.com

ビートルズは1966年に

日本でコンサートを行ったのですが

前座として内田裕也などの

豪華アーティストが行い

ちゃんと前座用のステージが

作られていました。

いかりや長介がリーダーを務める

「ザ・ドリフターズ」も

前座を務めたのですが

「ザ・ドリフターズ」だけは

ビートルズと全く同じ

ステージで演奏をしました。

 

ビートルズが発売した

アルバムの中にはなんと

犬にしか聞こえない

音楽が入れられたことが

あったそうです。

 

ビートルズ「Hey Jude」

という曲はドラムパートが

2番から始まるのですが

これには理由があるそうで

ドラマーのリンゴ・スターが

トイレに行っていたそうで

帰ってきて2番を演奏しだしたそうです。

 

ビートルズで有名な写真といえば

「ABBEY ROAD」の

ジャケット写真の

横断歩道を歩いている写真が

思い浮かぶと思いますが

実はその近くには

「ハリー・ポッター」で有名な

「キングスクロス駅」があるそうです。

「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK」の見どころ


スポンサードリンク

9245
出典:blog.kouchu.info

9月22日に公開予定の

ドキュメンタリー映画

「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years」は

1963年に始まった

15カ国90都市

166公演におよぶツアー

観客の前での最後の演奏となった

66年のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パーク公演までの

ライブ映像を中心に

関係者などのインタビューを

織り交ぜながらビートルズの

表では見らえない苦悩

そして半世紀以上も愛され続ける

彼らの人気の理由を

探っていく映画です。

見どころは沢山ありますが

最大といっていいほどの見どころは

「ライブやTVに出ているときは笑顔でツラいや不安といった表情を一切見せなかったビートルズのメンバーたちは実は、苦悩したツラい日々や努力に努力を重ねてきたメンバーたちの日々」です。

そして発売されたばかりの

唯一のライヴ・アルバム

「ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル」です。

このアルバムは77年に

「ザ・ビートルズ・スーパーライヴ!<アット・ハリウッド・ボウル>」

としてリリースされたのを

コンサート会場の熱気と興奮を

保持しつつ最高の鮮明さと音質で

バンドのパフォーマンスを

再現したアルバムです。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今もなお人気が衰えないバンド

「ザ・ビートルズ」の

ドキュメンタリー映画

「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK」は

9月22日公開予定です。

ぜひ映画館に足を運んでみては

いかがでしょうか?

ではまた。


スポンサードリンク

オススメ記事

映画「ザ・ギフト」あらすじや見どころや感想!親切は恐怖の始まり?!

映画「人間の値打ち」あらすじや感想を先どり!公開予定はいつ?

映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のキャストは?

映画「BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」のあらすじや見る前に知っておきたい事

映画ハドソン川の奇跡あらすじや先行上映の感想!実際の事故原因は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

おすすめカテゴリー記事