板尾創路のおすすめ映画!松尾スズキも絶賛の演技力!経歴が気になる!?

この記事は2分で読めます




1963年7月18日

大阪府富田林市出身。

130Rとして蔵野考洋と
(芸名:ほんこん)コンビを組み

「ダウンタウンのごっつええ感じ」

で全国に名を轟かせ

2003年公開

「ナイン・ソウルズ」で

共演した原田芳雄からは

「彼の演技は、素晴らしい」と

大絶賛されるほどの

演技力を持っています。


スポンサードリンク

板尾創路の経歴を一部紹介

9192
出典:topicks.jp

551逢菜で働いていましたが

しばらくして退社し

その後職を転々とし

ある日島田紳助の自宅に

ケーキを片手に弟子の

志願をしに訪れますが

当時島田紳助には

弟子がいた為

断られてしまいます。

吉本興業の養成所

「NSC」への入学を勧められ

入学し「ホンコン・マカオ」とし

ホンコンという芸名で

活動していましたが数ヶ月で

解散してしまい

同期の蔵野考洋と

「130R」というコンビを組み

蔵野考洋に芸名の「ほんこん」の

名前を授与しました。

その後ダウンタウンの冠番組

「4時ですよ~だ」に出演し

少しづつ人気と知名度を上げ

「ダウンタウンのごっつええ感じ」

で誰もが知る芸人の1人になりました。

演技の仕事が来るようにもなり

2012年公開

「私の奴隷になりなさい」

2014年公開

「クローズ EXPLODE」

などの話題作に出演し

2007年公開

「東京タワー、〜オカンとボクと、時々、オトン〜」

で日本アカデミー脚本賞を

受賞された松尾スズキさんに

「芸人の中で、彼の演技は群を抜いて上手い」

と絶賛されます。

板尾創路出演のおすすめ映画2選


スポンサードリンク

9193
出典:www.allcinema.net

最初におすすめするのは

2007年公開

「東京タワー、〜オカンとボクと、時々、オトン〜」です。

この映画は

深夜に玄関を蹴破り帰ってきた

酔っぱらいのオトン(小林薫)に

帰ってきてそうそう

焼き鳥の串を食べさせられます。

オトンに業を煮やした

オカン(樹木希林)は

ボクを連れて実家に帰り

妹のブーブおばさん(猫背椿)

の小料理屋を手伝いながら

女手一つでボクを育て始める…。

胸の奥から温かいものが湧き上がってきて気が付かないうちに涙が出ていました。素晴らしく感動する人生を描いているのではなくどこにでもいる人達が普通に生きていく上で不器用さや情けなさ滑稽さや思いやりを交えながら描いています。

最後におすすめするのは

2015年公開

「杉原千畝」です。

9194
出典:www.toho.co.jp

この映画は1935年

満洲国外交部勤務の

杉原千畝(唐沢寿明)は

語学力と情報網を武器に

ソ連との北満鉄道譲渡交渉を

成立させました。

ですがその後

彼を警戒するソ連から

入国を拒否され念願の

在モスクワ日本大使館への

赴任を断念することになってしまい

リトアニア・カウナスの

日本領事館への勤務を命じられる。

同地で情報を収集し激動の

ヨーロッパ情勢を日本に

発信し続けていた中

第2次世界大戦が勃発し……。

最後まで飽きずに見られ、感動できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

板尾創路が出演している名作は

まだまだあります。

お休みの際はお近くの

レンタルビデオ屋さんに

足を運んでみてはいかがでしょうか?

ではまた。


スポンサードリンク

オススメ記事

山田孝之には姉が2人いる?!性格やプライベートは?オススメ映画2選

バラエティタレント・俳優・歌手、何でもこなすタレントピエール瀧

武田鉄矢のオススメ映画・ドラマ!歌手としても俳優としても一流!

『でんでん』はお笑い芸人だった!芸名の理由は?オススメ映画3選

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

おすすめカテゴリー記事