破天荒女優ジェニファー・ローレンス!メリル・ストリープの再来?!オススメ映画2選

この記事は3分で読めます




1990年8月15日

ケンタッキー州ルイビル出身。

2008年公開

「あの日、欲望の大地で」

で映画デビュー。

監督のギジェルモ・アリアガ監督から

「メリル・ストリープ(1982年公開「ソフィーの選択」、2011年公開「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」で、アカデミー主演女優賞を2度受賞した名女優)の再来だ」

と大絶賛され

さらには

第65回ヴェネツィア国際映画祭で新人俳優賞を受賞されました。

2012年公開

「世界にひとつのプレイブック」で

第85回アカデミー賞主演女優賞を受賞されました。


スポンサードリンク

「破天荒女優」と言われはじめるまでを紹介

9174
出典:ciatr.jp

ジェニファー・ローレンスにとって

女優業とは

「失礼に聞こえるかもしれないけど、演技なんてくだらないわ。みんなからは「どうしてそんなに冷静でいられるの?」ってよく聞かれるけど私はこう答えるの。「お高くとまったりなんかしてないわ。誰かの命を救っているわけでもないのに。人の命を救ってくれるお医者さんがいて、燃え盛るビルに突入する消防士がいる。私がしているのは映画を作ること。ただそれだけのことよ」ってね。」

 

ある人気テレビ番組になんとほろ酔い状態で出演し、いきなりこんな話をしました。

「肺のレントゲンを撮ったんだけど、私の胸ってバランス悪いなって発見したの。大きさ的にね。レントゲン写真を見ていたお医者さんに、自分から聞いちゃったの。「私の胸って左右対称じゃないですよね」って、そしたらすごく居心地の悪い顔をされたわ」と自分のバストの話をしだしました。

 

2012年公開

「世界にひとつのプレイブック」で

第85回アカデミー賞主演女優賞を受賞した

ジェニファー・ローレンスですが

壇上に上がろうとした際

つまづいてしまい転んでしまい

「死ぬほど恥ずかしかった」

と語っていました。

その後の写真撮影では

なんと中指を立てたポーズをしました。

ジェニファー・ローレンスが出演しているおすすめ映画2選

スポンサードリンク

9175
出典:movies.yahoo.co.jp

最初におすすめするのは

2010年公開

「ウィンターズ・ボーン」です。

この映画は

17歳のリーは
(ジェニファー・ローレンス)

心を病んでしまっている

母に代わって幼い弟と妹の世話をし

その日暮らしの生活を

繰り返していました。

ある日ドラッグの売人を

していた父親が逮捕されてしまい

自宅と土地を保釈金にしたまま

失踪してしまいます。

家を立ち退くまで

残された時間は1週間

リーは家族を守るために

父親捜しの旅に出かけますが…。

厳しい現実で日本に住んでいる私たちでは置き換えられない物語です。

つづいておすすめするのは

2012年公開

「ハンガー・ゲーム」です。

9176
出典:eiga.com

この映画は

パネムという独裁国家と化したアメリカ。

人気を集めていたのが

選出された12歳から18歳までの

男女が森の中で殺し合い

生き残った人に巨額の賞金が

授与されるという殺人サバイバル

「ハンガー・ゲーム」でした。

そこに幼い妹がプレイヤーに

選ばれてしまったカットニスは

(ジェニファー・ローレンス)

代わりにゲームに出場することを決意し

家族を養うための狩猟で鍛えた

弓矢の腕と鋭い勘を生かし

強豪プレイヤーを打ち倒していきますが…。

話がとても分かりやすいので飽きずにハラハラドキドキしながら見ることが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ジェニファー・ローレンスの

魅力がぎゅっと詰まった

映画はまだまだ沢山あります。

お休みの際はお近くの

レンタルビデオ屋さんに

足を運んでみてはいかがでしょうか?

ではまた。


スポンサードリンク

オススメ記事

メリル・ストリープのおすすめ映画!衰え知らずのおしゃれさと演技力

エマ・ワトソンがかわいい!彼氏はあの人?オススメ映画2選を紹介

ブラッドリー・クーパーの経歴や素顔は?オススメ映画2選を紹介!

ジェレミー・レナのオススメ映画!ジェレミー・レナの意外な一面も!

エイミ―・アダムスがかわいい!演技力抜群のおすすめ映画3選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

おすすめカテゴリー記事