映画「人間の値打ち」あらすじや感想を先どり!公開予定はいつ?

この記事は2分で読めます




2016年10月上旬公開予定の

「人間の値打ち」とは

「見わたすかぎり人生」

などで知られる

パオロ・ビルツィ監督の作品で

主演は

「ブルーノのしあわせガイド」

などで知られる俳優

ファブリッツィオ・ベンティボリオ

などが主演を務めています。


スポンサードリンク

「人間の値打ち」あらすじ紹介

9031
出典:www.cinematoday.jp

不動産業を営むディーノは

娘セレーナの恋人の

父親である投資家

ジョバンニと知り合い

自分も儲けを得ようと

借金をしてジョバンニの

ファンドに投資する。

そんな中

ジョバンニの家の近くで

ひき逃げ事件が発生し…。

物語の顛末をディーノ

ジョバンニの妻カルラ

セレーナの

それぞれの視点から描くことで

登場人物たちが抱える問題を

徐々にあぶり出していく

ミステリー仕立ての人間ドラマです。

「人間の値打ち」ネット上の感想


スポンサードリンク

CK0I9A9050_TP_V

「人間には必ず、表面の顔と裏の顔があるものだ。登場人物たちの行動を同時進行的に時系列で描かず、ひとりひとりの行動を、章をわけて描いていくことで、表の顔のみならず人の裏の顔を詳細に描くことに成功している。」

 

「誰もが自分が一番大切。その思いは誰も責めることはできない。でも、この映画の責めどころはソコじゃないと思わせる、そこの上手さと、映画の構成に拍手。」

 

「家族を養うこと、家族を想うこと、恋人を愛すること、恋人に尽くすこと。一見して誰かのためのようで、自分が幸せであるために、誰かを幸せにしたい、大切にしたいだけなんだ。それが悪いわけじゃない。“自分のため”に動くことは気が引けるから、“誰かのため”であることと正当化してする。人間ってそうできているから、頑張れるんだと思う。誰かのためには、自分のために」

 

 「誰の気持ちにその都度偏っても、平衡感覚はとれているはずなのに、納得いかない。でも、この納得いかない気持ちこそ、大正解のようだ。」

 

「どんなに登場人物が多くても、展開が複雑になっても、帰ってくる場所がある。そして何より、ひとつのテーマであらゆる視点で見れる。何かひとつの目線で描く映画は、正直偏りすぎてあんまり好きじゃない。もちろんヒーローモノだったら、街の人々がどれだけ事件に巻き込まれても気にならないけど、物語がシリアスで社会派であればあるほど、一辺倒な見方しかないのは、辟易する。」

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

2016年10月上旬公開予定

「人間の値打ち」の魅力は

伝わりましたでしょうか?

ぜひ映画館に足を運んで

みてくださいね。

ではまた。


スポンサードリンク

オススメ記事

映画「ザ・ギフト」あらすじや見どころや感想!親切は恐怖の始まり?!

Netflix『ハウス・オブ・カード野望の階段』あらすじや見どころは?

映画『後妻業の女』のあらすじや感想・キャストや見どころは?

映画「スーサイド・スクワッド」のあらすじやメンバーを紹介!

映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のキャストは?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

おすすめカテゴリー記事