映画『後妻業の女』のあらすじや感想・キャストや見どころは?

この記事は2分で読めます




もしかしたらお金と愛、狙われてません?「後妻業の女」とは

gosai1
出典:coco.to

2016年8月27日公開予定

「後妻業の女」の紹介です。

原作者の黒川博行が

「破門」で直木賞を受賞後

2014年に文藝春秋から刊行されました。

元々のタイトルは

「後妻業」というのですが

実写化が決定された際映画タイトルが

「後妻業の女」に変更されました。


スポンサードリンク
キャストは?

1986年放送

「男女7人夏物語」で

有名な大竹しのぶさんが主演。

1995年放送

「愛していると言ってくれ」で

有名な豊川悦司さん。

1997年公開

「萌の朱雀」で

有名な尾野真千子さん。

その他、長谷川京子さん、

水川あさみさん、風間俊介など豪華キャストです。

「後妻業の女」あらすじ紹介

gosai2
出典:natalie.mu

パーティーで知り合い結婚した

武内小夜子(大竹しのぶ)と

中瀬耕造(津川雅彦)。

2年後に耕造は亡くなってしまいます。

娘の朋美(尾野真千子)と

尚子(長谷川京子)は

「小夜子が全財産を受け継ぐ」

という遺言を突きつけられる。

小夜子はお金持ちの男性の後妻となり

財産を全て奪う女性で

その背後には

結婚相談所所長の

柏木亨(豊川悦司)の存在がありました。

一方

父親が殺害されたと考える朋美は

裏社会の探偵

本多芳則(永瀬正敏)を雇い

小夜子と柏木を追いつめていきます。

「後妻業の女」の見どころ紹介


スポンサードリンク
gosai3
出典:natalie.mu

まず一つ目は

大竹しのぶの悪女っぷりです。

テレビやドラマでは

物静かで温厚な人といった

イメージがありますが

本作品では

そのイメージが完全に払拭されるほどの

性悪で強欲な女性を演じています。

最後の一つは

主演の武内小夜子を演じる

大竹しのぶと

中瀬朋美を演じる尾野真千子の

ガチンコの喧嘩シーンです。

尾野さんが

「どんだけ時間がかかろうが息があがるまでワンカットで撮影したい」

という申し出があり実現したそうで

本作の監督の鶴橋康夫監督は

「生身の体を使った喧嘩シーンはお互いを理解するうえでとても重要な要素で、撮影後二人の間に友情のようなものが生まれていました。」

というエピソードを紹介。

先行上映を見た人たちの感想

「かなりブラックな内容で、大竹しのぶさんの怪演が素晴らしいです。笑って観ていても、描かれている闇にふと気が付かされるときがあり、鶴橋康夫監督の脚本が秀逸です。」 

 

「大竹しのぶさんの演技力はやっぱり裏切ることなく素晴らしく、こんな美しい熟女がいたら独身男性高齢者は間違いなく、騙されるだろうなと思いました。豊川悦司さんの結婚相談所所長は、はまり役でした。人間のしたたかさ、強欲さ、生々しさが描かれた、ちょっと見つめなおされる映画でした。」

 オススメ記事

Netflix『ハウス・オブ・カード野望の階段』あらすじや見どころは?

映画セトウツミあらすじやキャスト公開日は?池松、菅田W主演!

映画『青空エール』実写化!あらすじやキャスト、公開日は?

映画『溺れるナイフ』実写化あらすじやキャスト相関図、公開日は?

映画四月は君の嘘 キャストに不満?原作はワンピース尾田氏絶賛

スクープ!福山雅治がパパラッチ主演映画SCOOPあらすじやキャスト

まとめ

いかがでしたでしょうか?

2016年8月27日公開予定

「後妻業の女」

要チェックです。

個人的には

永瀬正敏さんがかなり

気になっています。

ではまた。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

おすすめカテゴリー記事